【3歳までは我慢させない】お金稼ぎの方法【なんでも買い与える子育て術】
≪PR≫本気で稼ぐアフィリエイト
本気塾』(受講料無料)

【2020年・令和版】
▲ブログの立ち上げからメルマガ配信のやり方まで
▲約2か月間のメール配信型で細かくレクチャー
▲あなたが稼げるようになるまで完全サポート

→→→入塾案内はこちらから

3歳まで我慢させた結果


うちの場合ですが
今では無駄なものを欲しがらなくなりました。

それでも子供ですから
親が『なんでそれを?』と思うようなものを
欲しがることもありますが(笑)

自己満足ですが
愛情に満ちており
親子の絆は深いと感じています。

本当に欲しいものと
そうでないものの判断は
自分で出来ていると思います。

【我慢は3歳から】話せば分かる年齢

かといって
いつまでも何でも買い与えているわけではありません。

3歳からは
必要なものと
今は要らないものの区別は
しっかり教えます。

お話をすれば分かるので
3歳からは我慢もさせます。

でも必要なものは
買ってくれることが分かっているので
あまり論争にはなりません。

行きたいところ(遊園地等)も
後でしっかり計画を立てて連れて行くので
変な場面で駄々をこねられることもありません。

3歳までは買い与えることで
『愛されている』と心に残るようです。

買ってもらえないと
愛されていないと感じるようです。

欲しがるものも
そんなに高いものではないし
3歳までの幼少期に満足させていると
後が本当に楽です。

【よく見る光景】レジ横のおもちゃ


ファミレスにいくと
レジ横に『子供が欲しがります』と言わんばかりの
おもちゃが並んでいますよね。

大抵のお母さんは

『買わないよ』
『いらないよ』

と言っていますが
うちはお食事中は座っていてほしいという理由もありますが
お食事にいくなら
レジ横のおもちゃを欲しがった時は必ず買っていました。

そうすれば
お食事をする間くらいは
目新しいおもちゃに夢中で
静かに座っていてくれます。

しかし最近は
レジ横に並ぶおもちゃのほとんどを
持っているので
本人も欲しがらなくなりました。

そんなこんなで上の子は
もう座っていられる歳になったので
一件落着というところです。

下の子も
これから意志が出てきたら
欲しがるものは買い与えようと思っています。

どうやら
ほとんどの親御さんが
レジ横のおもちゃは
買わないんですよね。

おそらく普段から
そういう類のものは
買い与えない方針の親御さんが多いのではないでしょうか。

なぜ買い与えないんですか?

いつも買ってもらえないから
子どもは欲しくて欲しくてたまりません。

うちは3歳まではとにかく欲しがるものは買い与えていたので
今は物欲を自分でコントロールすることが出来るようです。

もしお金に困っていなくても
子どもが欲しがるものを買いませんか?

3歳くらいの子供が欲しがるものって
1,000円とかそんなものですよね。

懐に余裕があれば
なんてことない金額です。

我慢させる方針とさせない方針(テレビ編)


うちはテレビも沢山観させていました。

私は主婦ですので
一日中、未就園児と過ごしているので
たまにはテレビを観させて
休憩~なんてこともしばしば。

本当に具合が悪くて
少しでも横になりたい時にも
テレビは活躍しますよね。

教育方針はそれぞれの家庭で決めていることですから
とやかく言うつもりはありませんが
ある『テレビを観させない方針』のご家族が
うちに遊びに来ました。

テレビを観させない方針であることは知っていましたが
うちの子供たちもお友達が来てくれて
何して遊ぼうかとキラキラしているのに
先方の子供たちが
うちのテレビに釘付けで
テレビから離れないのです。

どうやら『お友達のおうちに来たときだけはテレビOK』
らしいのです。

その食いつきようったら無かったですね。

初めてテレビがうちに来た時の昭和の子供達みたい。

ちょっと衝撃でしたね。

欲望のままにテレビもDVDも観させていたうちの子は
幼稚園にあがってからは
帰ってきてからも
やることが他に沢山あるので
テレビはほとんど観ません。

テレビを観ることに生産性がないことを
幼児期に気付いてしまったみたい(笑)

最近はテレビを処分する大人も増えましたね。

ちなみに私もブログのネタ探し以外はテレビを観ません。

【よく見る光景】買って買ってと寝っころがる


これ、うちは今まで一度もありません。

性格もあるとは思いますが。

子ども『買って買って』

お母さん『いらないよ、買わないよ』

子ども『やだ、やだ』

お母さん『ほら、帰るよ』

いつも思うんですが
そもそも
なぜ、ここに連れて来たんだろうって。

子どもは魅力的なものを見れば欲しがるし
そのようなところに来れば帰りたくありません。

そこを買ってあげるとか
満足させるまで付き合ってあげると
うちの場合は子供のほうが
『そろそろ帰ろうか』
と言います(笑)

満足させてあげる方針に変えると
子育てが楽になります。

買わないとか
満足させてあげるまで
付き合えないなら
初めから連れてこないほうが
お互いのためだと思います。

ここで金銭的に余裕があると
買ってあげられたり
家事をする必要がなければ
時間に余裕があるので
満足させられるまで付き合えます。

どうしてみんな
そんなにギスギス子育てしてるんだろうって思います。

【現実】子育てはお金がかかる


本当にお金がかかりますよね。

毎日がとにかく出費との戦いで
いやになりますよね。

旦那さんの稼ぎが増えるわけでもない。

小さいお子さんを育てていたら
待機児童も多くて
簡単には保育園に入れないし
パートといっても時給は低いし。

共働きの方でしたら
心に余裕がなくなるのも分かります。

朝の忙しい時間と
帰ってきてからの忙しい時間しか
子どもとの時間を持てないので
子どもの心の声にゆっくり向き合えない。

そんな毎日では
すれ違いも生じます。

家事をしてくれない旦那がむかつくのも分かります。

時間がないのに
ぐずぐずしている子供に怒鳴ってしまうのも分かります。

・・・ここで
在宅で空いた時間で
お金を稼げる方法があったら
どうですか?

家事、育児の合間にお金が稼げて
稼いだお金で
家事を代行してくれる人が居たら
まだあなたは子供を怒鳴りますか?

イライラしますか?

欲しがっているものを我慢させますか?

よーく想像してみて下さい。

行動に移せた人だけが
勝ち組の生活を送っています。

絶対的に
想い出も笑顔も増えます。

アフィリエイトなら
すぐに誰でも始められます。

学歴や経験は関係ありません。

必要なのはやる気だけです。

【現実】経済的不安で二人目、三人目を諦める

私は高齢出産ですので
年齢との戦いで
子どもを授かりました。

初産が遅かったので
あと一人くらい授かれたら嬉しいです。

しかし周りの友人は
経済的な理由で
子どもを諦めていると聞きます。

子どもって
何人居ても全員可愛いです。

あなたは経済的に不安があるのとないのとで
欲しい子どもの人数が変わりますか?

あなたのところへ
生まれたくて待っている子が
お空に居るかもしれませんよ。

早く経済的自由を手に入れて
お空で待っている子を
迎い入れませんか?

【まとめ】在宅で自由な時間に稼ぐ


この記事を読んで
気分を害された方がいらっしゃったら
ごめんなさい。

でもお金を稼げるようになったら
変わることって沢山あるんです。

子どもへの接し方や教育方針、
もける子どもの人数まで。

二人目不妊だから・・・
という場合は
経済的自由であれば
不妊治療にも挑戦する選択肢も増えます。

不安が減ると
体調が良くなり
妊娠率もあがるかもしれません。

キレイごとではなく
それが現実です。

ご縁があることを切に願っています。

受講費無料!アフィリエイト『本気塾』

★★★ ママネムが実証済みの確かな情報で稼いで下さい ★★★

→→→入塾案内はこちらから

【令和版】

▲パソコンが一台あればどこに居ても稼げる♪
▲経済的、時間的自由を手に入れる♪
▲あなたが稼げるようになるまで完全サポート♪

一攫千金を夢見て騙され続けるより
安全で着実に高収入を得られる資産を持った方が
賢明な生き方だと思いませんか?

まずはアフィリエイトで稼ぎながら
情報発信が出来る窓口を持つことが収入アップへのカギです。

そこから広がる世界は無限です。

いち早く新鮮な情報をゲット出来る世界へ
自らコマを進めてください。

一日でも早くスタート地点に立ってください。

★ママネムが実証済みの確かな手法で稼げるビジネスをスタート★

高額塾なんて入らなくても稼げます!!!

アフィリエイト初心者の方、大歓迎です。

ご経験があって稼げなかった方もお任せください。

リスクなく着実に稼ぐ方法を伝授致します。

ただ、会社に雇われるだけの毎日であったり
子育てや日々の生活に追われて過ごす毎日では
今年をも乗り切ることが出来ないかもしれません。

今の時代は情報が全て!!

情報格差・・

ますます広がる貧富の差は、現在の日本の社会問題です・・・

2か月後のあなたは
マインドも変化し、人生も変化していくことに気づくでしょう。

まずは2か月間、私と一緒に稼ぐシステムを構築し
あなたの資産を作りませんか?

本気で稼げる手法でありながら
誰でも簡単に始められるよう
細かく丁寧なマニュアルを作りました。

時代の変化に乗り遅れる前に・・・
是非、お早目の入塾をお待ちしております。

→→→入塾案内はこちらから